このサイト内のページ 一覧へ

蝉林舎の本棚から

 蝉林舎が グーグルローカルのページに投稿している記事のうち、児童書の紹介に関するものを あらためて整理して載せています。
クリック → もくじ へ


 蝉林舎のサイトでは 読書を奨める記事を沢山載せていますが、特にここでは「母語」での読書を重視して、翻訳ものではなく はじめから日本語で書かれた児童書を紹介して行きます。

 また、例えば「次郎物語」や「路傍の石」などのように、誰もが奨める有名な本は一旦あと回しにして、常々 娯楽本(いわゆるライトノベル)の陰で見えなくなっている 宝物のような極上の児童書を探して載せています。

 最近の読書についての考察は 他のページ(【カレントコラム】の中の3編など)をご覧下さい。

 また、新しい投稿ほど後ろに(下に)配置されがちなので 目次を活用して下さい。

↓ も く じ    タップ(クリック)して下さい

(Tap) ● 新開ゆり子「サロマ湖のほとりから」
   ● 新開ゆり子「いつでも風の中を」・・(Tap)
(Tap) ● 最上一平「広野(こうや)の馬」
   ● 最上一平「山からの伝言」・・・・・(Tap)
(Tap) ● 最上一平「ぬくい山のきつね」
   ● 吉橋通夫「京のかざぐるま」・・・・(Tap)
(Tap) ● 植松要作「野うさぎ村の戦争」
   ● 森越智子「いつかカッコウのように」(Tap)
(Tap) ● 竹崎有斐「石切り山の人びと」

(以下、順次 追加します)

このサイト内のページ 一覧へ