大画面(PC)版へ
も く じ へ

(C) 学習塾 蝉林舎 All rights reserved.
剽窃禁止(FPRn8710479-2)
( ほんとの勉強 )


9、ゆとり教育(1)

 一軒 また一軒 と建物が壊されると、かつての街並みと生活が人々の記憶から消えて行き、たちまちのうちに 誰も気がつく人がいなくなります。

 中学の教科書から とうとう不等式の総てが消え去り、「動き」 の表現を勉強する大切な関数も、その実 大半が消え去り、未知数も変数も 今の子には区別がつかなくなりました。原点に固定された放物線で 「変化の割合」 を いくら ほじくっても 「動き」 をつかむことは出来ないのです。

 子供たちは 空中に 次々に形を変えて飛んでくる外野フライを追ううちに、ボールの放物線を 「動き」 として体得し 野球遊びが やみつきになって行きます。 数学でも、解くたびに 白いノートに 略図として 繰り返し 様々に描き加えて行く鉛筆の黒い軌跡として 「放物線の動き」 を体得し 関数が得意になって行くのです。(至れり尽くせりの書き込み教材にいたっては、極端な場合 その1本すら描くことがありません。)
 せっかくの グラフの曲線も、ちょうど お相撲の丸い土俵のように 外枠を示す脇役に押しやられ、その中で扱われるのは もっぱら 小学算数をごちゃまぜにしたような 「三角形の面積比べ」。 「めんどくさい」 という理由で二元のみに限定された連立方程式の勉強は まるでピコピコゲームのルール学習のようです。
 目的をもって為される これらの平易化は 今後も 子供から 「中身の濃さ」 と 「内容の深さ」 を奪ってゆくことでしょう。

 誰も気がつく人はいません。
 このままでよいはずはないのですが・・・。


次へ    もどる    もくじへ