大画面(PC)版へ
も く じ へ

(C) 学習塾 蝉林舎 All rights reserved.
剽窃禁止(FPRn8710479-2)
( ほんとの勉強 )


21、扇のかなめ 4

 「扇のかなめ 1」 の図で、勉強のスタートにあたるのは 左下の かなめ (要) すなわち 自宅の自分の机でした。
 けれどもそこから外に向かって行くのではありません。外側の扇は 「他人の教室(生徒ごっこ)」 。 結局は もどって来なければなりません。そんな道草を食っている ひま など 本当はないのです。

 「となりの芝生」 は まぼろし。将来につながる 現実の「自分の教室」は、実はもう一枚、足もとにあるのです。そして、中身の濃さと内容の深さを取り込みつつ、どんどんこちら側に 自分だけの・面白い・要領の良い扇を 日々 工夫して創ってゆくのが 中学からの本当の勉強。 幼い頃のような 単なる生徒としての受身の勉強ではありません。

 外側の扇に気を取られたまま、とうとう 「 自分の勉強 」 が何であるかも分からず、たったの30分も 勉強を続けることができないままの受験生が大勢います。

 生徒ごっこを続けていては いつまでたっ・・・・・(以下 前章と同文)

 さて 「6人ゼミ」 は この図のどこにあるでしょう?


 もどる     もくじへ
次ページは近日掲載